2012年

8月

28日

お金に感謝しましょう

昨年の下旬から続いています。
その原因は、一ヶ月の資金を充当できる金額をトータルで確保できなかったことです。

せっかく、資金を手にして支払いをしても、砂漠に水が吸い込まて行くようになくなってしまいます。

贅沢していないのに、大人二人、ろくに食事もしていないけど、家賃や公共料金の支払をかまなうこと出来る金額を一ヶ月に稼ぐことができなかったからです。

せっかくお金を手にしたのに、支払うときは感謝して使っても、直ぐになくなってしまうので、お金に対して良くない感情を抱いたことがあるのは、事実です。

そうした感情の積み重ねが、こうなっていると思います。

仕事が決まった3月は。複数の仕事が出来たので乗り越えることができましたが、4月は、乗り越えることができず、その焦りから、この数ヶ月棒に振ってしまいました。

お金に対して、謝らないといけないと思っています。

せっかく手にしたのに、支払いで直ぐに消えてしまうといっても、一部の支払いが出来たことは事実なので、この場所を通じて、お金に対して粗末に扱ったことを謝罪したいと思います。

必要最小限の収入を確保できる仕事をしながら、アプリを作ったり、ウェブサイトを作ったりして、さらに無償で子供たちや年配の方にパソコンのことを教える活動ができたら一番良かったと思います。

今は、まだ、ボランティア活動できるように環境整備している段階です。

お金は、本当に正直だと思います。

お金に嫌われないためにも、お金を大切にしましょう。

お金を使う時は、感謝して使いましょう。