ただ単に作るだけでは、ダメ

現在、請け負ってウェブサイトを製作していますが、その過程で感じたことがあります。


ウェブサイト製作というものは、ウェブサイト、ウェブページを製作設置して完了ではなく、その後の記事の更新作業が問題です。

だから、ウェブサイト製作会社は、保守契約を結ぶことが多いです。

また、ウェブサイトを設置するサーバーの事も重要になります。

注文住宅を購入建築する場合、家屋の検討もそうですが、合わせて土地も探して購入したり、賃貸契約を結んだりすると思います。

ウェブサイト製作も、同じことが言えると思います。

お客様は、ウェブサイトを設置したい運営したい、表示したいと希望を持たれ相談に訪れますが、ウェブサイト、ウェブページを設置するサーバーについては、どこまで検討されているのか心配になります。

一般的な表示するだけの静的なウェブページで構成されたウェブサイトであれば、相対アドレスでウェブサイトを製作しても、ほとんど問題なく何処のサーバーに設置しても表示できると思います。

しかし、CGIがあったりPHPを実装して更新情報をRSSで配信できるようにしたり、自サイトの他のページで掲載できるようにするなど動的な仕組みを組み込む場合は、絶対アドレスでウェブサイトを製作しないといけない場合があります。

XAMPPなどローカル環境でCGIのテストが出来るものもありますが、RSSの自動生成されたファイルにアクセスする場合は、どうしても実際に稼働するサーバーでhttpから始まるアドレスでテストしないといけない場合もあります。

また今話題のIE8以下で角丸表示やボックス・シャドウに対応するためのPIE.htcを実装する場合も絶対アドレスで書かないといけないため、設置するサーバーやURLが不明な場合に、とても困る場合が出てきます。
またhtcに対応していないサーバーもあるようなので、PIE.htcが動かなかった場合に.htaccessファイルで対応しないといけないですが、その際もサーバーが事前に分かると助かります。

そのためウェブサイト製作の相談を受ける機会があったら、ただ単にウェブサイトの製作だけで終わるのではなく、設置するサーバーのことにも気を配ると良いです。

これからの時代は、ウェブサイト製作会社でデザインからサーバーの運営までを一手に引き受けて、一貫してお仕事を担当できるように体制を作る必要があると思います。

私も、サーバーの運営、ホスティングの分野の仕事も出来るように調査や勉強を続けています。

私は、個人でフリーの立場で請負のような形でウェブサイト製作の仕事をしています。
本当は、パソコンインストラクターとしての活躍をメインとして希望しています。

過去に無職の時期に短期の仕事ではありますがウェブサイト製作の実務経験を積むことが出来、今回本格的なウェブサイト製作のお仕事を頂くことが出来ていますので、ウェブ製作系の講師を担当できるように精進を続けて行きます。

CGIの設置もできますので、お気軽にお問い合わせくださいませ。

会社やお店だけでなく、一般の個人や趣味サークルの方などのウェブサイト、ブログ製作も請け負います。

Facebookページも製作出来まして、いいねを沢山押してもらえるようにアシストもできます。

色々とお役に立つ存在ですので、私の事を有効に役立てて頂けましたら幸いに思います。