人生再挑戦

深夜ある方と電話で話をしていて、これまで失業者やフリーターというカテゴリに入れられて不本意な状況でしたが、腹を括る段階に入りました。

 

これまでは登録型派遣でカード勧誘の仕事を一年以上したり、短期のウェブ製作の仕事などをしたりして食い繋いで来ました。

 

しかし、BtoBでの交渉になりましたので、もう個人事業主の自覚を持たないといけない状況になりました。

 

以前は、パソコン教室運営での事業計画の下書きを書いたことはありますが、まさかWEB製作で事業計画を書くことになるとは思ってもみませんでした。

 

でも、これは、時の流れだと思います。

 

自分が目標としている講師の仕事を請け負うための、通過点だと思っています。

 

長期的な資金の作り方も知りましたので、ようやく先の見通しを立てることが出来そうです。

 

7年務めた会社を退職後人生の冒険家となってしまいましたが、やはり会社を辞めた時点で起業をしていたら良かったのかもしれません。

ただ、この時は、家族と起業の事に理解を得ることが出来ず、また遠距離恋愛も始まりアルバイトなどをして食い繋いで来ました。

でも、結局派遣の仕事もなくなり・・・

紆余曲折の後、工場で約6年働き、人生を再出発しました。

リーマンショックで人員整理後、職業訓練で資格を取得できたので、再び夢に向かっての挑戦がはじまりました。

 

今振り返ると、若いころに起業していたら、引き寄せの法則を知る機会に恵まれたのだろうか疑問に思えてきます。

 

その時に成功していたら、きっと引き寄せの法則をしらないまま、スピリチュアルなことにも興味を持たなかったのだと思います。

 

でも、何度も人生の危機を乗り越える度に目に見えないものを信じるようになり、引き寄せの法則にも出会いました。

会社を退職したときには500万円の貯金がありましたが、上手に使えなかったです。

起業の準備不足というか、あのタイミングでしか会社を辞めることが出来なかったから仕方ありません。

 

今まで自分の思いに芯を通してこなかったツケが、今来ているのかもしれません。

自分はやりたいと思っていたけど、その意思を貫くことが出来ずアルバイトと掛け持ちの生活でした。

 

今、それだけの貯蓄があれば誰にも迷惑をかけることが無く資金のやり繰りも出来る詩、心配事も無いと思います。

でも、甘えやおごりといった自分の欠点に気が付かずに、一生を終えたかもしれません。

 

この点が私の本気度が相手に伝わらず、この人は、本当にやる気があるのかと疑われる原因になっているのかもしれません。

 

何か貫くものが無いと、人の理解を得ることは出来ないのだと思います。

 

私は自分の思いを貫き通し過ぎて人生を潰したと思ったりしましたが、実際は、自分が貫いていない中途半端だったから人生を何度も潰すことになったのだと思います。

 

今回長期的な視点でやり繰りできる方法を知りましたので、気持ちも仕事に集中できます。

 

クライアントの問題解決をしたりお手伝いをしたりすることで、お役に立ちますので、ぜひ、お仕事をご依頼ください。

よろしくお願いします。