2012年

5月

20日

何故、そうなるのか現場を見ないといけない

私に仕事を依頼して頂けた方が、有名にしたい。
売り上げが伸びるように、貢献したい思いが強くあります。

それを実現するためにはl、例えネットショップだとしても、事務所、店舗訪問をするべきだと思います。

そして、色々なお店を担当することで、共通点が見えてくると思うのです。


今は、都合がつかないので申し訳ないけど、この金額で仕事をお願いしたいと言われることもあるので、そうした社長には誠心誠意応えたい。

私として、複数の会社の社長にshareされて仕事をすることで、出会った社長を救いたいと思っています。

どうすれば、出会った社長を有名にできるのか。

どうしれば、取り扱っている商品に興味を持ってもらえるのか。

それは、教育だと思っています。

あのサントリーが接客に力を入れていたことを、先日WBSを見て知りました。

自分たちの商品に対する思いや主張を、お客様に伝えたい。お客様と寄り添っていきたい。
そうした思いが、込められていまいた。

ある意味、キリスト教も、布教活動の一環で色々な教育をしてきたと思います。


先日テレビで、バングラディシュで太陽光発電パネルを販売している人を知りました。

この太陽光パネルを普及することに、貧困層を支援する銀行が関係していました。

この銀行の人も、教育が大切と言っていました。

取扱い商品を分かる人だけに向けて売っているなら良いのですが、売り上げ拡大を図るなら、今まで商品を見たことが無いお客様に説明することが求められてきます。

そうした活動をするためにも、ブログを活用してほしいです。

ネットショップに付属のブログを、活用してほしいです。

仕事の依頼をして頂ける社長にガチで向かっていきますので、お互いに信頼関係を築くためににも、お互いの事務所訪問を行うべきだと思います。

私も、沢山仕事をして、クライアントのお店に訪問できるように努力を続けます。