2012年

5月

06日

仕事に出会う奇跡を起こす方法

就職活動していても仕事が見つからず、就職活動しようという意欲も失ってくると思います。

 

種類選考で落ち、面接で落ち、せっかく最終選考まで残ることが出来ても、採用に至らないと生きる希望も失うと思います。

 

 

でも、なんで「就職」という言葉イコール正社員なのでしょうか。

 

昔の武士の世界の名残なのでしょうか。

 

働き方を選択できる時代です。

 

アルバイトやパートタイマー、契約社員であっても、仕事が決まったら就職で良いのではないでしょうか。

 

今の働き方の多様性は、企業経営者、人事担当者が作り出していると思います。

 

もちろん結婚していて家事など家の事が落ち着いてきたので、社会に出て働きたい、社会の役に立ちたい、時間を有効に活用したいという方向けに、短時間労働も生まれていると思います。

 

登録型派遣で日雇いや、週払いの仕事も、そうした恵まれた生活をしている方には、良い働き方だと思います。

 

でも、現実は、生活費を稼ぐために一か月フルタイムで働かなければならない人たちが、日雇いや週払いの登録型派遣で働いていることもあります。

 

働き方の選択肢が増えて良かったと思う労働者もいるでしょうけど、その逆にやむを得ず今の働き方を強いられている労働者もいると思います。

 

雇用契約書を交わして雇用されている人は、まだ良いです。

雇用ではなく、業務委託や一人請負の社長、親方として働いている人も、世の中に沢山いると思います。

 

例え自分で仕事を請け負っていたり、自営で働いている人であっても、働いていることには変わりないので、就職していないイコール浪人とか、社会的にいけない立場にいるような表現は、良くないと思います。

 

自営業も、立派な働き方です。

 

働き方は多様化していますが、働き方を理解する人が世の中に増えてほしいと願っています。

 

こうした雇用される働き方ばかりでなく、仕事が見つからず日々の生活費にも困り、やむを得ず自由業として、自分のできることを仕事にして、仕事を獲得しようと涙ぐましい努力をネットで行っている方もみえるのではと想像しています。

 

情報商材系のアフィリエイトにかかわってしまい、情報商材のコレクターになってしまっている方も、みえると思います。

 

色々活動している中で、自分は、どうすれば世の中の役に立つのか、どういう仕事をすれば社会から信用を獲得できるのか、どういう仕事をすれば生活費を稼ぐことが出来るのか悩み迷路にハマってしまうと思います。

 

こうしたときに、自分が出来ることを箇条書きで良いので、書き出してみましょう。

 

例えば私の場合は、パソコンのインストラクター業務の他にも、ネットの掲示板の不適切な書き込みがないかパトロールする仕事、ウェブサイト製作、メルマガ配信、Androidアプリ製作、デモンストレーター業務など大きなカテゴリとして、このようなものがあります。

 

この他にも細部に書き出していたら、色々と見つかると思います。

また社会で働いたことが無い方でしたら、自分が得意なものを書き出しても良いと思います。

 

直接収入に繋がらないことでも、どんどん書き出してみましょう。

 

そこから、新しい発見があると思います。

 

新しい発見から、自分が働きたい仕事の分野が見つかることもあり得ます。

 

そして、興味を持った仕事を実際にやってみることです。

 

実際に仕事をしてみて良いこと悪いこと両方の面で、予想を超えた出来事があると思います。

そうした経験をたくさん積んでから、どういう仕事が向いているか判断しても遅くないと思います。

 

私も、正社員で、工場で働いていましたが、食べて行くために未経験のパソコンのデモンストレーターの世界に入りましたが、通算して約4年担当できたことは、自分でも新しい発見になっています。

 

頭で考えているだけでは、何が自分に適職か分かりません。

 

人と話すのが苦手だと思っていても、実際には接客業が壺に嵌って面白くて続けているケースも多々あります。

 

人と話す仕事をしていたり、テレビに出演したりしている芸能人の方でも、人と話すのが苦手だったという方が見えます。

 

だから、やってみないと分からないという仕事の醍醐味というか、不思議さ、楽しさがあります。

 

そういう面からすると、仕事は選ばずに何でも取り組んでみようという流れになります。

 

まずは取り組んでみて、どうしても出来なければ辞めればよいです。

いやいや続けて無責任な仕事の仕方になるよりは、すっぱりと辞めた方が良いです。

 

3日、3か月、3年という社会での節目があります。

 

3日できることは3か月できる。

3か月できることは3年できる。

3年できることは、一生の仕事にできると言われています。

 

とはいうものの派遣でも最長2年雇用すると正社員にしないといけないから、その期限が訪れる前に契約終了となるケースもあり、なかなか長期間同じ会社で仕事ができることが少ない時代になりました。

 

せっかく仕事が出来ても、一か月で終わってしまっては、あとが大変です。

 

みんな霞を食べて生きているわけではないので、家に住むために家賃も必要ですし、税金等の支払い、年金、国民健康保険の支払いなどがあり、単身者でも日本で家に住むだけで10万円くらいは、必要経費として必要になると思います。

 

正社員でしたら、税金や年金、保険の面で有利なのですが、短期のアルバイトの場合、給料が高くても保険等が差し引かれていないので、その分給料を少なく評価しないといけなません。

 

今の日本は、15万円蔵稼ぐことが出来ても、質素に食べて通勤して寝るだけの生活を維持することが精一杯です。

 

だから、少しでも文化的な生活、自己啓発の為に資格取得に挑戦しようとするなら、税込で20万円くらい稼ぐことが出来るのが利用論になります。

 

単身で20万円必要になるので、結婚して子供を育てることを想定すると、この数倍の収入が無いと家庭を維持することは難しく、少子化、未婚者が増えている原因の一つにもなっていると思います。

 

国民年金の負担額の軽減。

前年度の収入で計算されて徴収される国民健康保険の、当年の収入状況に合わせての減免措置がないと、社会で暮らすコストがかかりすぎて、生きることすら難しくなります。

 

働く側も少しでも高い給料を頂けるように、資格取得や技術の向上、コミュニケーション能力の向上が求められます。

 

その中で、自分の得意分野を理解していたら、とても強い武器になります。

パソコンのサブインストラクターを経験した学校の校長がおっしゃっていた言葉があります。

「資格は道具」

どんなに良い道具を持っていても、手入れをしていなければ錆びてしまいます。

 

それよりも、どんなにみすぼらしい道具でも、きちんと手入れをして使うようにすることが大切ということです。

 

資格取得も、ある意味ブームになっているところがありますが、自分が仕事をしていて必要にある資格、挑戦してみたい資格が出てくると思いますので、ぜひ、挑戦してください。

 

そして、少しでも高い給料を獲得できるように、能力の向上に努めましょう。

 

そしてたくさん稼ぐことが出来るようになったら、その内の一部を社会に還元しましょう。

この社会に還元するサイクルを上手く回すことが出来る人が、経営者に向いていると思います。

 

稼いだお金を自分の為に使うことは当たり前ですが、その稼ぎ内一部を、奥さん、子供のため、親兄弟のために使いましょう。

 

そして、そのまた一部を社会に還元しましょう。

 

これから豊かになる人たちを支援する活動に、ぜひ、あなたの得た収入を当ててください。

 

富は、上から順に下に行き渡って行きます。

 

あなたの得た富は、あなたの存在を支えている全ての人たちに還元されることで、富の循環、愛と感謝の循環が達成できます。

 

今、社会で女性の貧困が問題になっています。

 

女性の貧困を改善するためにも、世の中の考え方が変わってほしいと思います。

 

日本には、色々な人たちが貧困に苦しんでいます。

 

経営者となった人は、ぜひ、あなたが得た富の一部を社会に還元して、世の中の多くの人が幸せになる活動をしてください。

 

経営者の方も、今は、募金活動できる売り上げがないから儲かってから、募金するとおっしゃるかもしれませんが、儲かってからすると考える方は、実際に富を手にしても募金はされないと思います。

 

常に、不足に焦点を当てていて富を追っているから満足できるポイントが無く、満足できていないから募金とか社会に還元しようという発想が生まれないのです。

 

だから、今は、そうでなくても、お金があるとか自分で感じることが必要なのです。

 

実際には同でなくても、感じることが出来たら実際に、富が集まってきます。

 

感じることが一番大切になってきます。

 

仕事探しも、仕事が無いと一生懸命なっていたら、いつまで経っても仕事には恵まれないと思います。

 

仕事が無いなら自分で生み出すくらいの気持ちでいないと、世の中生きて行けません。

 

フリーターと公言するのではなく、せめてフリーランサーという名称を使ってみてください。

 

自分の肩書を変えるだけでも、開運効果があると思います。

自分の趣味の事を話題にした研究家としても、良いと思います。

 

自分の好きなことを人に教えることを仕事に出来たら、りっぱなコンサルタント業にもなります。

 

コンサルタントの実績が出るまでは、無償でコンサルティング活動すると、良いです。

 

別の時間のやり繰りがつく仕事をしながら、人に何かを教える仕事が出来たら自分にも自信を持つことに繋がりますし、自信を持つことが出来たら、言動が変わってくるので、どんどん仕事の依頼が増えたり、良いことが沢山訪れたりすると思います。

 

働き方の発想を変えてみてください。

 

あなたも、好きなことであれば、人に説明できることがあると思います。

 

その人に自信をもって話すことが出来る分野を極めて行けば、道は開かれると思います。

 

この自分が自信を持つことが出来る分野を探す旅が、人生だと思います。

 

今就職活動をしている方も、闇雲に就職活動をしないで、一旦好きな飲み物を飲んだりして、休憩しながら考えてみましょう。

 

きっと良いアイデアが閃くと思います。

 

私も、今回Androidプログラミング講座を担当することが出来て、株式会社オフィスユーの社長に感謝しています。

 

一生懸命生きてきたら、私が株式会社オフィスユーの社長と出会ったように、奇跡の出会いに恵まれると思います。

 

読者の皆様も、生きてくる中で周囲から教えらえた価値観に縛られず、自分の考えで行動してみてください。

 

きっと、奇跡が起きると思います。