2012年

4月

12日

ヘッドハンティングのつもりだったと本音を吐露

ある社長が、ヘッドハンティングのつもりだったと本音を吐露しました。

それは、それで嬉しかったのですが・・・

ヘッドハンティングといっても、年収の提示が無いので・・・

これから事業を軌道に乗せる段階なので、報酬が払えないというのです。

それでは、無理です。

私は、私の生活だけでなく、母と養っている立場なので、二人分の生活費を稼ぐ必要があります。
さらに、これまで支援してくださった方への恩返しもあるし、色々な支払いもあるので、すべて解決するためには、普通のサラリーマン年収と同じ金額か、それに近い金額が無いと、この世に存在することすら難しいです。

だから、これから会社を立ち上げたいとか創業まもない会社で私の能力が活かせる機会は、多々あると思いますが、年収の面で折り合いをつけることが大変難しいです。

でも、私は、こうして私のことを高く評価して頂ける社長を助けたいと思っています。

そのため、こうした社長を助ける会社を立ち上げることが出来たらと思っています。

コンサルティングの会社になると思いますが、絶対に必要な会社だと思います。

世の中に困っている社長を助けるために、別のところから利益を得て、それを社長を救う事業に向けることが出来ればよいのですが・・・

上手く事業を運営できるビジネスモデルと確立できたらと思っています。